株式会社アイライフ

お家は一体何年住めるの?戸建て編

お問い合わせはこちら

お家を長くもたせるために大切なこと 【外壁・屋根編】

お家を長くもたせるために大切なこと 【外壁・屋根編】

2022/06/10

お家って一体何年住めるのでしょうか?

と疑問に思われる方は結構いらっしゃると思います。

 

 

答えは、きちんと手を入れていけば、100年でも持ちます。

 

*現在の家の基礎や構造体の程度にもよります。

 

 

しかし、全然手を入れないで、例えば外壁にヒビが入っているのに、何年も放っておいたり、

雨漏りしてるのに早めに手を打っていなかったり、白蟻防蟻をやっていなかったり、などがありますと、

雨が侵入して内部が腐ったり、構造体も弱まったりしてたりするので、すべてのお家が100年持つ、とは言い切れません。

 

---お家を長く持たせるために大切なこと--- 

●外部をきちんと手入れする

---屋根----

屋根塗装は10年が塗替えの目安、ですが、何度も何度も塗替え、というわけではありません。

3回も4回も塗る、というわけにはいきません。塗料が乗らなくなってきます。築10年を過ぎたら塗装する計画を立てる時期ですが、

築30年以上経ったら、屋根の上に重ね葺き(カバー工法)といって、今ある屋根材に新しい屋根材をかぶせるのが良い方法です。

 

 

---外壁---

外壁の塗り替えも屋根と同様の時期にやると得策です。

外壁がひび割れたり、を放っておくと内部に雨が侵入する恐れがあります。

 

モルタルのような塗り壁の場合、お家が古くなってくると、塗り替えよりサイディングなどを上から貼った方が良い場合があります。

 

 

 

長く安心して住むためには、良い業者、信頼できる人と出会えることも、大切です。

 

 

内部の事については、またいつか書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。